TOTANI
トタニ技研工業株式会社

日本の<モノづくり>の技術で製袋機を創造するトタニ技研工業

トタニについて

会社沿革

*1952年〜1989年 | *1990年〜2014年

1952年
  • 京都市下京区に戸谷鉄工所設立
  • 海産物加工機械の製作販売
1956年
  • 製袋機の製造を開始する
1958年
  • EW-1型インパルスシール式三方シール製袋機開発
1961年
  • 法人化、社名を戸谷技研工業株式会社とする
1963年
  • 旧本社(現:東工場)へ工場を移転
  • RS-200型熱輻射熔着自動製筒機開発(材料:延伸ポリプロピレン専用)
1965年
  • RM-20型多列自動製筒機開発
1966年
  • EW-510型インパルスシール式三方シール自動製袋機開発
  • HK-1型サイドウェルド自動製袋機開発
1967年
  • H-510型三方プレスヒートシール自動製袋機開発
  • HK-2型サイドウェルド自動製袋機開発
  • RM-850型ポリエチレン多列自動製筒機開発
1968年
  • H-510-3MC型三方プレスヒートシール自動製袋機開発
1970年
  • HK-5型サイドウェルド自動製袋機開発
1971年
  • RM-850S型サイドウェルド自動製袋機開発
1973年
  • H-510-6MC型三方プレスヒートシール自動製袋機開発
  • HK-850型サイドウェルド自動製袋機開発
1974年
  • HK-850型Vパック専用自動製袋機開発
1975年
  • FA-350型高速センターシール製袋機開発
  • FB-350型高速センタープレスシール製袋機開発
  • LB-850型全自動ゴミ袋製袋包装機開発
1976年
  • 社名をトタニ技研工業株式会社とする
  • LC-650型全自動ゴミ袋製袋包装機開発(業界初マイコン搭載機、無人運転可能)
  • HK-5W型自動ウィケットピン差し付サイドウェルド自動製袋機開発
  • 週休2日制導入(当時日本の大企業でも少なく、先進性の企業と注目される。)
1977年
  • BH-600型高速三方プレスシール自動製袋機開発
1978年
  • 全自動ゴミ袋製袋包装機が、機械振興協会の第9回「自動化機械開発賞」受賞
  • 付加価値配分制度導入し、業績によりボーナスを計算する制度を始める。
1980年
  • BH-600B型高速三方プレスシール自動製袋機開発
1981年
  • BH-600BS型高速三方シール、スタンドパック兼用自動製袋機開発
1982年
  • 資本金1,000万円増資、2,000万円とする
  • BH-600S型高速スタンドパック専用自動製袋機開発
  • HK-57F型ファイル袋自動製袋機開発
1983年
  • 資本金1,000万円増資、3,000万円とする
  • KP-35型全自動ポリ規格袋製袋包装機開発
1984年
  • GS-58型バッグインボックス用自動製袋機開発
  • 米国展示会出展(初の海外展示会へ出展。その後毎年米欧の展示会に出展)
1985年
  • HK-65型高速サイドウェルド自動製袋機開発
  • CAD導入
1986年
  • 西工場建設
  • LAN導入
1987年
  • BH-120型高速大型三方シール自動製袋機
    (2サーボ)開発(業界初の2軸独立送りサーボドライブシステム採用)
  • HK-40型高速サイドウェルド自動製袋機開発
  • FMS(Flexible Manufacturing System)稼働
  • MRP(Manufacturing Resource Planning)稼働
1988年
  • BH-60H型高速三方シール自動製袋機(2サーボ)開発(サーボドライブシステム採用)
1989年
  • 資本金7,000万円増資、1億円とする
  • 南第一工場建設

*1952年〜1989年 | *1990年〜2014年

このページのトップへ