トタニについて

会社沿革

会社沿革

1952年 戸谷鉄工所
  • 京都市下京区に海産物加工機械の製造・販売企業として「戸谷鉄工所」設立
1956年
  • 製袋機の製造・販売を開始
1961年
  • 法人化し社名を「戸谷技研工業株式会社」とする
1963年 旧本社(現:東工場)
  • 旧本社(現:東工場)へ工場を移転
1976年
  • 社名を「トタニ技研工業株式会社」とし、週休2日制を導入 (当時日本の大企業でも導入例が少なく、先進性の高い企業と注目される)
1978年
  • 「LB-850型全自動ゴミ袋製袋包装機」が機械振興協会の第9回「自動化機械開発賞」を受賞
  • 「付加価値配分制度」を導入し業績によりボーナスを計算する制度を開始
1984年 初の海外展示会
  • 初の海外展示会としてアメリカの展示会へ出展。その後毎年海外の展示会に出展を実施
1985年
  • CAD導入
1986年
  • 西工場竣工
  • 社内ネットワーク(LAN)導入
1987年
  • 多品種・小ロット生産対応型生産システム
    FMS(Flexible Manufacturing System)を導入・稼動
  • 要員、設備、資金など製造に関連するすべての要素を統合して計画・管理する「製造資源計画」であるMRP(Manufacturing Resource Planning)を導入
1989年
  • 南第一工場竣工
1990年
  • ボイスメール導入
1994年
  • 京都産業技術振興財団「京都中小企業優秀技術賞」受賞
  • 京都産業技術振興財団「京都中小企業優秀技術者賞」受賞
1995年
  • 「フレックスタイム制度」導入
  • 「服装の自由化」導入
1997年
  • 社内にインターネットサーバを設置しホームページを開設
1998年
  • 西工場改築
1999年
  • 北米代理店のAMPLAS社に技術指導員として社員を派遣
  • 基幹光ファイバーによる高速LANの導入
2002年
  • 戸谷幹夫 代表取締役社長に就任
  • アメリカ・ボストンでの語学研修制度を開始
2003年
  • 西第2工場増築
2004年
  • 北米での販売拠点となる「TOTANI AMERICA INC.」設立 (アメリカ・イリノイ州/100%子会社)
  • 新本社工場竣工
新本社工場竣工 TOTANI AMERICA INC.
2005年 大連戸谷技研工業有限公司
  • 現在の本社工場に移転
  • 生産拠点として「大連戸谷技研工業有限公司」設立 (中国・大連/100%子会社)
2007年
  • 「東京営業所」を開設
2009年 Totani Europe GmbH
  • EU圏の販売拠点となる「Totani Europe GmbH」を設立(ドイツ・デュッセルドルフ)
2011年 Totani Asia Pacific Pte Ltd.
  • アジア圏の販売拠点となる「Totani Asia Pacific Pte Ltd.」を設立(シンガポール)
2014年
  • 公益財団法人京都産業21「京都中小企業優秀技術賞」受賞
  • 公益財団法人京都産業21「京都中小企業優秀技術者賞」受賞
  • 中国・上海に販売拠点となる「大连户谷上海办事处」設立
2015年 大連戸谷技研工業有限公司
  • 「大連戸谷技研工業有限公司」新工場建設
2016年
  • 戸谷隆一 代表取締役副社長に就任
2017年
  • 同年1月期決算にて売上実績が100億円を超える
このページのトップへ