採用情報

Voice! ~仕事を語る~

Voice! No.1
企業の規模ではなく、あり方が決め手だった
藤﨑 貴哉(技術サービス)

藤﨑 貴哉(技術サービス)

顧客に対して、モノづくりに対して誠実であることが大きな魅力

大学では工学系のコースで航空宇宙工学を専攻、研究室では物体の強度について学んでいました。就職活動に関しては大手の航空宇宙関連企業も含め数社に絞って考えていたんですが、その中でトタニを知るきっかけは母校の九州大学で開かれた学内セミナーでブースに足を運んだことでした。大手の企業が多いなかでの中堅企業だったので、正直訪れたときも人が少ない状態でした(笑)。
でも、ちょうどそのころは企業規模や職種にこだわらないで、視野を広く持とうとしていた時でしたので、産業機器メーカーさんの話も聴いてみようと立ち寄ったのです。そこで聴いた会社や仕事の話にすごく興味を引かれました。顧客に対して、モノづくりに対して誠実であること、企業として社内・外に対してフェアに仕事をする、というポリシーがトップから社員まで貫かれているという企業のあり方に対して共感できたんです。後に工場見学をしたり、先輩方と話をする機会があったんですが、モノづくりに対する興味はもちろんのこと、そのときの先輩方の姿や印象、企業としてのあり方が入社の決め手にもなりました。

自分が携わった「モノづくり」の結果が感じられる仕事につきたかった

実は私には他の先輩方のように学生フォミューラーの製作に打ち込んでいたとかという「モノづくりに打ち込む大きなきっかけ」はないんです。小さいころ確かにミニ四駆やプラモを作るのは好きでしたが、国語が苦手で、物理系の勉強が好きだったいう理由で工学系の道に進んだのが正直なところです。優柔不断な性格もあるかもしれませんが(笑)。
航空宇宙工学を専攻した身としてはその関連企業に入ることも考えていたのですが、こうした大手の企業で自分がどれだけその製品にかかわれるかを考えた時、異なる分野の企業も視野に入れて検討していこうと考え始めました。第一志望群に絞った企業の中では、トタニは唯一の中堅企業だったのですが、企業規模ではなく業界の中で何がしたいか、どれくらいの勢いがあるかといったところでトタニを選びました。
自分が携わった「モノづくり」の結果が普段の生活の中で感じられるかという点も、自分の仕事に対するモチベーションにつながるとも思いました。製袋機は普段見ることはできませんが、それで造った袋は日頃からスーパーとかコンビニで目にすることができる。これが重要でしたね。

部品一点一点に意味があり、機械全体にどう影響するか…まだまだ勉強!

入社前のトタニに対するイメージというのは顧客に対しても、モノづくりにも誠実に取り組む企業というイメージでした。まだ仕事の経験は浅いですが、入社後もその想いはより確実というか、仕事の中で確信に近いものになったと思っています。ひとりで出張サービスに出かけた得意先に懇意にしていただき、私あてに連絡をいただけるお客様も増えて良い関係が築けています。
実社会で仕事をするというのは想像していたより難しくて奥が深くて、まだまだ勉強が必要と感じています。いまは製袋機だけでなく、袋の原材料であるフィルムに関する知識の不十分さを感じています。部品一点一点に意味があり、それが機械全体にどう影響するかといった知識や経験もまだ甘いと思っています。
就職活動ではいろいろな方に相談されると思います。その中で周囲の状況や評判だけにとらわれることなく、自ら情報を確認していく努力や、その結果にしたがって進んでいく勇気が、自らが納得できる就職活動につながっていくと思っています。

ご連絡・お問い合わせ

トタニ技研工業株式会社 総務部

〒601-8213 京都市南区久世中久世町5-81
(075)933-7610 / (0120)007-610
totani_saiyou@totani.co.jp

アクセス

このページのトップへ