製品情報

製品型式 BH-80DG-F
製品分類 ボックスパウチ®製袋機

他社の角底袋とは一線を画すボックスパウチ®が造れる製袋機。
ボックスパウチ®(大容量)は、アイデアしだいで多様な用途に展開が可能!

BH-80DG-F

BH-80HVG-F:製袋機詳細

概要 多様なニーズに応えることができるボックスパウチ®(大容量)製袋に対応した製袋機。ボックスパウチ®は、内容物を封入すると自立性が非常に高く、箱のような感覚の外観となるため商品のアピール度は抜群!多様な製品の包装に対応が可能です。またショッピングバックや常備薬の入れ物、非常時のバケツ代わりなどなど、いままでにな多彩な用途にもお使いいただけます。
製袋速度 14ものサーボモーターを使った制御システムなど、トタニの独自技術で大容量ボックスパウチ®でも<最高100ショット/分>の高速製袋と高品位・高強度のシール加工の両立を実現。大型袋でもシール強度やチャックの密閉性が高いため、液体の保存や運搬にもお使いいただけます。
メリット 軟包装製袋用のほとんどの種類のラミネートフィルムに対応。「最大高さ800mm、容量20Kgの大型袋」を造ることが可能となりました。また同容量のスタンドパック袋に比べ「12%のフィルム節約」を実現。開口部ガセットも内容物が出し入れしやすいトタニだけの「立体折り込み」仕様となっています。もちろんボックスパウチ®でしかできない「5面に印刷」にも対応。

(注1)ボックスパウチ®は製法、袋の品質に関し他社の角底袋製造技術とは一線を画する日本特許、海外特許取得済の独自技術によって製造されています。登録商標第4961911号取得済。

(注2)上記の数値は機械自身の能力を示すもので、ある特定の条件下で弊社にて確認したものです。実際の製袋速度はフィルムやその他の要因によって変動します。詳しくはお気軽に下記弊社営業までお問い合わせください。

製袋可能な袋の例

BH-80DG-F

食品などの長期保存や、液体の保存・運搬に最適の大型角底袋が造れます。また発想次第で軟包装を使わなかった包装ニーズにもお使いいただけます。

袋の用途(市場ニーズ)からお奨めの製袋機の情報を探すこともできます。詳細は「袋の用途から探す」をご覧ください。

動画:動画で見るボックスパウチのメリット

ボックスパウチ®のメリットを動画で知る
ボックスパウチ®の魅力とメリットを動画でご説明しています。
ボックスパウチ®と従来のパッケージとの比較を動画で
ボックスパウチ®のメリットを動画でご紹介

トタニの「モノづくり」を知る:技術詳細

トタニの製袋機には他社にはマネのできない先進の技術が使われています。

  • シール時間設定機能
  • シール待ち時間機能
  • マークセンサー
  • トタニ独自のインライン角丸カット加工機構
  • 全周押し切りトムソン装置
  • パウダーブレーキ機構

などなど、独自開発の機能・機構が製袋の「速さ、美しさ、強さ」を実現しています。
詳細な技術解説は「トタニのモノづくり」でご覧ください。

キーワードで知るトタニ製袋機の技術詳細

主要オプション

標準仕様表と製袋可能な袋寸法と形状

標準仕様表製袋可能な袋寸法と形状

このページのトップへ