製品情報

製品型式 VK-65
製品分類 高速変形サイドウェルド自動製袋機<三角袋用>

台形の袋(三角袋)用製袋機。
熱刃の位置合わせや角度調整が簡単で、高速・高品位の製袋が可能です。

VK-65

VK-65:製袋機詳細

概要 二枚のフィルムを合わせ左右の端をシールしながら切り離す、サイドウェルドタイプで台形の袋を造る製袋機。溶断に使う熱刃(シール兼切り離し用の刃)の角度をコンベアの垂直線に対して最大20度まで傾けることにより、三角形に近い台形の袋が製袋可能。熱刃の位置合わせや角度調整が簡単で、さまざまなサイズの三角袋が製袋できます。ブロッコリーやほうれん草などの野菜や生花の包装、サンドイッチなどの食料品の包装などに使われることの多い、台形の袋が高速製袋できる機種です。
製袋速度 サーボモーター制御システム(4サーボ)を標準仕様とし、台形袋でも<最高100ショット/分(200袋/分)>という高速製袋と高品質(美しく、高い強度のサイドウェルドシール)の両立を実現。
メリット トタニの「VKシリーズ」の特徴であるダンサー部速度も機械が自動設定。機械始動時の溶断用熱刃の上昇・下降もすべてサーボモーターによる自動制御で、熱による材料フィルムの変質・変形を防ぎ、安全な作業環境を提供します。トタニ独自の「空吸着搬送ベルト」「落しへら」を標準装備し、完成した袋を確実に搬送し袋ぞろえの手間を大幅に削減。生産性向上にお役立ていただけます。

(注)上記の数値は機械自身の能力を示すもので、ある特定の条件下で弊社にて確認したものです。実際の製袋速度はフィルムやその他の要因によって変動します。詳しくはお気軽に下記弊社営業までお問い合わせください。

製袋可能な袋の例

VK-65

日用品やサンドイッチ、野菜などの食品類、生花などの包装用袋の製袋に最適。

袋の用途(市場ニーズ)からお奨めの製袋機の情報を探すこともできます。詳細は「袋の用途から探す」をご覧ください。

トタニの「モノづくり」を知る:技術詳細

トタニの製袋機には他社にはマネのできない先進の技術が使われています。

  • シール時間設定機能
  • マークセンサー
  • トタニ独自のヒートパイプヒーター
  • 独自の印スムース機構
  • パウダーブレーキ機構

などなど、独自開発の機能・機構が製袋の「速さ、美しさ、強さ」を実現しています。
詳細な技術解説は「トタニのモノづくり」でご覧ください。

キーワードで知るトタニ製袋機の技術詳細

主要オプション

標準仕様表と製袋可能な袋寸法と形状

製袋寸法と袋形状

VK-65
  • W(袋幅):最大700mm(2袋合計)
  • L(袋長):最大650mm
  • A(熱刃の角度):最大20度
  • B(熱刃の角度):最大20度
    ※長方形の製袋も可能です。

主な仕様

対象フィルム OPP、フィルム厚み:20~100μ
原反寸法 最大幅:650mm、最大径:φ500mm
原反繰出部 水平(2軸)原反軸型・合わせ貼り方式・
定テンションコントロール方式パウダーブレーキ装備
制御方式 NCコントロール方式
フィルム送り機構 ACサーボモーター(1台)ドライブシステム
ヒーター上下機構 ACサーボモーター(1台)ドライブシステム(シール時間設定機能装備)
落としヘラ(袋集積)
機構
ACサーボモーター(1台)ドライブシステム
製袋能力 最高ショット数:100ショット/分(200袋/分)
最高フィルム速度:45m/分
実据付面積/重量 約1.15×6.27m/約4,550kg
オプション装置
  • 紙管レス・インバーター制御耳巻取り装置
  • ピンガイド式コンベア
  • HK-120型袋受けコンベア
  • パンチ装置〈各種〉
  • 原反部ミシン目装置〈各種〉
  • 別置ブロックシール装置
  • これらの数値は機械自身の能力を示すもので、ある特定の条件で弊社で確認しています。実際の運転速度はフィルムやその他の要因によって変動します。詳しくはお気軽に弊社営業までお問い合わせください。
※ショット数とフィルム速度の数値は個別に算出したものであり、関連を持たせておりません。
※メンテナンスおよび作業に要するスペースは別途に考慮ください。
※上記オプションはすべて別売であり、標準仕様には含まれておりません。
※上記以外のオプションもお客様のニーズに合わせて設計・製作いたしまaす。
お気軽に弊社までメールにてお問い合わせください。

※外観、仕様などの記載内容は予告なく変更する場合がありますので、予めご了承ください。

このページのトップへ