製袋機の安全な運用に関する重要なお知らせ

カートリッジヒーター固定ネジの
定期点検のお願い

お客様各位<必ずお読みください>

<No.2>
カートリッジヒーター固定ネジの
定期点検のお願い

トタニ製袋機へのご高配を賜り厚くお礼申し上げます。
カートリッジヒーターの安全対策につきまして、お願いとお知らせを掲載いたしております。必ずご一読のうえ、お手数ですが対象機種をお使いのお客様には定期点検をお願いいたします。

BH系製袋機のカートリッジヒーター固定ネジ定期点検のお願い

<カートリッジヒーター固定ネジの定期点検の必要性について>

  • 素材フィルムを袋に製袋するには熱による溶着(ヒートシール)が必須です。
    トタニ製袋機では、ヒートシールを担うヒーターブロック内に(横ヒーター、縦ヒーター共)電熱線式のカートリッジヒーターを挿入する構造を採用しています。しかし、このカートリッジヒーターをヒーターブロックに固定する*1固定ネジは、温度の変化や振動で緩んでしまう可能性があります。
    固定ネジが緩み、カートリッジヒーターの発熱部がヒーターブロックから露出したことで、火傷防止用に取り付けられていたシリコンスポンジに直接接触、*発火するという事例が少数ながら報告されております。また、発火の危険性だけでなく、作業者の怪我にもつながる可能性も考えられます。
    *発火事例は納品後十数年以上を経た製袋機においてであり、近年生産分の製袋機はシリコンスポンジの削除やカートリッジヒーターの固定方法の改良など対策を講じており、発火事例は報告されておりません。
  • 安全にトタニ製袋機を運用していただくために、弊社としましては生産年度やカートリッジヒーター固定ネジの構造にかかわらず、お客様各位においてはカートリッジヒーター取り付け部の目視点検だけでなく、1年に1度の定期点検をお願いいたします。(固定ネジ位置は写真①参照)。
固定ネジ締付けトルクは以下の数値を遵守してください。
M5キャップボルト:7.7 [N・m]   
M6ホーローセット:5.1 [N・m]
  • *1 製袋機の生産年度により、カートリッジヒーターをヒーターブロックに固定する構造は異なります(写真②参照)。
ヒーター固定ネジの場所

ヒーター固定ネジの場所

生産年度の旧い製袋機におけるカートリッジヒーター固定ネジは、写真の矢印位置にあります。
ヒーターブロックの種類により違いはありますが、ヒータ1本につき必ず1個の固定ネジがあります。

ヒーター固定ネジの場所

製袋機の生産年度により、カートリッジヒーターをヒーターブロックに固定する構造は異なります。画像は生産年度の新しい製袋機における、カートリッジヒーター固定ネジの位置を示しています。

シリコンスポンジ取付状態

シリコンスポンジ取付状態

赤丸内に見られるのが実機でのシリコンスポンジ取付部。

本件につきましてのお問い合わせ先

トタニ技研工業(株):(075)933-7610(代表)
フリーダイヤル:0120-007-610
E-MALE:2007sales@totani.co.jp

改定日:2018年4 月20日
トタニ技研工業株式会社

このページのトップへ