製品情報

製品情報 シャー制御システム(対応機種:BH・CT・FDシリーズ)

袋の「バリ」をなくして、商品価値をアップ!

製品概要

袋の四隅(コーナー)を丸める「コーナーカット加工」や袋の開封口をつくる「ノッチ加工」などの加工を制御す るシステム。特にコーナーカット加工の場合にありがちな、尖った部分(バリといいます)ができるのを防ぎ、スムースで美しい袋形状をつくり、商品価値を高 めるシステムになっています。

特徴・メリット

コーナーカット加工・ノッチ加工などに使うカッターの刃の真上から、高精度のCCDカメラがカットの形状を監視し、コンピュータで画像を解析。印刷のズレなどで規定のカット位置が変化してもコンピュータが位置を自動で修正し、ACサーボモータによる正確なフィルム位置制御と合わせて正確にカット加工をおこないます。
独自の「ダブルカット方式」と「シングルカット方式」の二種類のカッティング方法を選択できますので、製袋条件によりカッテイングの方法を選択していただけます。

「ダブルカット方式」でコーナーカットをおこなうことで袋の角が美しいアール形状となり、不要なでっぱりやバリができないため「PL対策」にも有利な、商品価値の高い袋がつくれます。また、 「コーナーカット加工」や「ノッチ加工」だけではなく、さまざまな形のカット加工のニーズにも対応が可能です。

シングルカット方式・ダブルカット(二度切り)方式

「シングルカット方式」

コーナーカット刃型の対角線上(打抜穴の中心)を正確に1度だけ切断します。

「ダブルカット(二度切り)方式」

コーナーカット星型鋭角部手前にてシャーカット後、星型鋭角部を挟んでシャーカットベースを約0.6mm(0.6mm~2.0mmまで任意に設定できます)上流に移動し、再度シャーカットします。

高精度のカット加工の特長を生かして「片側ノッチ加工」や、袋の端のすぐ内側にノッチを加工するといった(下図参照)、従来の装置では困難といわれてきた高精度の加工も可能にしました。

シングルカット制御
ダブルカット制御

※外観、仕様などの記載内容は予告なく変更する場合がありますので、予めご了承ください。

このページのトップへ